ENGLは既にハイゲインアンプとして様々なモデルを発売していましたが、更にメタルプレイヤーからの要望で柔軟なモデルが求められました。今までのサウンド全てを表現することを考えた結果“POWERBALL”が生まれました。
POWERBALLは独立2チャンネル4ゲインの中から2音色を選択できます。それぞれのチャンネルには、LO/HIゲインスイッチ、ミッドブーストスイッチを装備しており色々なジャーマンサウンドを作ることが可能です。デザインはもちろんENGLのHorst Langer氏によるものです。
Synergy ENGL Powerballモジュール:完全独立2CH (Gain、Volume、3Band EQ、2x2ポジションGain-LO/HIスイッチ、2x3ポジションMID BOOSTスイッチ)
仕様
Tube Preamp module
Tube:12AX7 x2
フロントパネルコントロール:2xGAIN , 2xBASS , 2xMID , 2xTREBLE , 2xVOLUME , 2x2position-GAIN switches(LO/HI) , 2x3position-Mid Boost switchies
外寸:5.5″ x 7″ x 1.5″
   14.0cm x 17.8cm x 3.8cm /(LxWxH)
重量:1 lbs. / 0.45kg

世界的に有名な module - POWERBALL ENGL SYNERGY-アンプ



世界的に有名な module - POWERBALL ENGL SYNERGY-アンプ

世界的に有名な module - POWERBALL ENGL SYNERGY-アンプ

世界的に有名な module - POWERBALL ENGL SYNERGY-アンプ


世界的に有名な module - POWERBALL ENGL SYNERGY-アンプ


世界的に有名な module - POWERBALL ENGL SYNERGY-アンプ

タグクラウド